安い車検を目指すならユーザー車検が最適

車検には数々の依頼先もありますが、最も安く済ませるならユーザー車検が最適です。事務手続きを含め、すべて自分で継続検査に臨むため、基本的に必要最小限の法定費用だけで車検を通せます。車検場は普通乗用車と軽自動車で異なりますが、何れの場合も通常の継続検査であれば、ナンバープレートの登録先以外でも車検が受けられます。そのため引越しなどで他県のナンバープレートを付けている場合でも、近場の検査場で車検を通せます。一方、ユーザー車検ではヘッドライトの光軸に留意しておくことも大切です。問題無く検査にパスできれば良いですが、場合により光軸がズレて、検査に通らないことがあります。その時はテスター屋などで調節してもらい、再検査を受けます。当日中なら再検査料が掛からないため、もしもの時に備えて、午前中に車検を行うことが良策です。

車検先に迷ったらユーザー車検も名案です

愛車の車検をどこに頼むか悩むことも多々ありますが、その場合は、いっそユーザー車検を行うことも名案です。この場合、必要費用は自賠責保険料や重量税や検査料など、法定費用だけで済みますから、業者に頼む場合と比べて格段に安い費用で車検が行えます。ユーザー車検は先ず検査場に予約を入れるところからスタートします。電話のほか、今ではネットから予約ができますから便利です。継続検査の申請書類は検査場で入手できますから、予約した当日に、見本や車検証を基に記入します。必要な事務手続きが終わった後は、直ぐに検査ラインへ愛車を乗り入れても良いのですが、初めての際は先に見学しておくことをおすすめします。他の人が行っている検査ライン上での作業を見ておきますと、とても参考になります。そして実際に検査ラインに乗り入れ、すべての工程に合格しましたら、再度事務手続きを行います。新しい車検証と、フロントガラスに貼るシールなどを受取りますと車検手続きは完了ですから、後は愛車に戻って受理したシールに貼り替えます。

実はとても楽しいユーザー車検

難しいようにも感じるユーザー車検ですが、実はそれほど難しくありませんので、少しでも興味がある場合ではチャレンジしてみることをおすすめします。ユーザー車検の魅力は車検費用を格安にできることですが、楽しい経験ができる点も魅力です。最初に行う事務手続きは各窓口を行き来することもありますが、検査ラインでの工程は、アミューズメントパークにも似た楽しみが味わえます。サイドスリップの検査やヘッドライトの光軸検査など、どれも意外に簡単ですから、適度な緊張感の中で楽しめるでしょう。そのほか、排気ガスの検査はマフラーに検査スティック差し込むだけですし、終盤の下回りの検査ではブレーキペダルを踏み込んでおくだけですから非常に簡単です。そしてユーザー車検の醍醐味が味わえるのは、検査ラインの中盤にあるスピードメーターの検査です。回転ドラムに駆動輪を乗せて目標のスピードまで加速する検査ですが、一般公道では味わえない楽しさがあります。